西船橋駅北口 皮膚科 濱田皮膚科クリニック

濱田皮膚科のロゴ

電話番号:047-404-7257


西船橋駅北口徒歩1分

MENU

設備紹介

レーザートーニング

レーザートーニングとは、波長1064nmのQスイッチNd:YAGレーザーを使用し従来あざ治療時のエネルギー密度の半分以下で、照射間隔を1~2週間に1度と短い間隔で行います。

表皮色素疾患(肝斑・老人性色素斑・雀卵斑・炎症後色素沈着)に対し行いますが主に肝斑に有効です。

肝斑はまずトラネキサム酸などの内服と美白剤の外用で治療しますが、それでも残っている難治性の肝斑や内服や外用ができない患者様に対して、レーザートーニングを行います。

金の糸を入れている方、関節リウマチなどで金製剤による治療を受けた方は治療ができませんのでご注意ください。

主な効果

・肝斑を含めたシミ
・美白効果
・毛穴の引き締め

施術方法
FLOW1メイクを落とします。
FLOW2テスト照射を行い、痛みや赤みを確認します。
FLOW3照射部位にあてていきます。

ゴムではじかれたような痛みがあります。

FLOW4照射後は冷却します。
FLOW5メイクをしてご帰宅できます。

赤みやひりひりがある場合もありますが当日中にひいていきます。

施術間隔

初めは1~2週間に1度をお勧めします。

1回ですべての症状が改善するのではなく、早ければ3回目以降から効果が感じられます。5~10回が目安です。

各設備紹介
BBL
Qスイッチレーザー
レーザートーニング
スキンタイト
プロテージエリート
Medio Star
VANQUISH ME
炭酸ガスレーザー
ロングパルスレーザー
VTRAC
ホーム
医師紹介
料金表
一般皮膚科 (保険・自費)
皮膚外科
美容皮膚科
化粧品ほか
クリニック紹介
診察時間・アクセス
初めての方
診療時間