西船橋駅北口 皮膚科 濱田皮膚科クリニック

濱田皮膚科のロゴ

電話番号:047-404-7257


西船橋駅北口徒歩1分

MENU

設備紹介

QスイッチNd:YAGレーザー

QスイッチNd:YAGレーザーとは瞬間的に皮膚のメラニン色素を破壊し、表在性や深在性の皮膚良性色素性疾患を除去します。

老人性色素斑(紫外線によるシミ)や雀卵斑(そばかす)、後天性真皮メラノサイトーシスに有効です。

気になる目立つシミをよくしたい方に適しています。

主な効果

・シミ(肝斑を除く)
・そばかす
・後天性真皮メラノサイトーシスの改善

施術方法
FLOW1照射する部分のメイクを落とします。
FLOW240~60分前に局所麻酔のクリームを塗ります。
FLOW3テスト照射を行い、痛みや反応を確認します。
FLOW4照射部位にあてていきます。

ややまぶしい感じと軽くゴムではじかれた程度の痛みを感じることもあります。

FLOW5照射部分に軟膏を塗り、保護します。

赤みやひりひりがある場合もありますが当日中にひいていきます。

ダウンタイム

当日は患部を濡らさないようにご注意下さい。

翌日から洗顔を含めシャワーや入浴可能です。患部は濃い色のかさぶたになります。

1~2週間後に自然に剥がれます。剥がれるまでは患部の保護(茶色の絆創膏)が必要になります。

剥がれてからは紫外線が当たらないように日焼け止めをします。また洗顔やメイクを落とす際など、擦らないように注意をしてください。

照射して1か月後に炎症後色素沈着が生じる可能性があります。その後、約3~6か月かけて少しずつ消失していきます。

炎症後色素沈着がある場合にはビタミンCの内服やハイドロキノンの外用をします。

絆創膏での保護はちょっとという方は施術4日後以降はナビジョンDRスポッツカバー(¥2,000+tax)での保護も可能です。紫外線をカットしながら肌色のコンシーラーで保護し目立ちにくくなります。

施術間隔

通常1回で効果がでますが、症状や範囲によって2回以上の治療が必要な場合もあります。

後天性真皮メラノサイトーシスは複数回必要なことがあります。

複数回の照射をする場合は炎症後色素沈着が落ち着いてから照射することになるので、早くて3か月、十分に注意する場合には6か月後以降に照射をします。

各設備紹介
BBL
Qスイッチレーザー
レーザートーニング
スキンタイト
プロテージエリート
Medio Star
VANQUISH ME
炭酸ガスレーザー
ロングパルスレーザー
VTRAC
ホーム
医師紹介
一般皮膚科 (保険・自費)
皮膚外科
美容皮膚科
化粧品ほか
クリニック紹介
診察時間・アクセス
初めての方
診療時間